イメージ

地震保険で支払われる保険金など

地震保険支払対象の損害

地震保険では、地震、噴火またはこれらによる津波を原因とする火災、損壊、流失などによって建物または家財が損害を受けた場合に保険金をお支払いします(これらの損害は「住自在」では補償の対象とはなりません。)。

地震保険の支払対象の損害

地震保険で支払われる保険金

建物や家財が「全損」、「半損」または「一部損」になった場合に、損害の程度に応じて補償します。

地震保険の損害の認定基準と支払保険金
損害の程度 認定の基準 支払われる保険金
建物 家財
全損 主要構造部(軸組、基礎、屋根、外壁等)の損害額が 家財の
損害額が
地震保険金額の
100%
(時価額が限度)
全損のイラスト 建物の時価の
50%以上
家財の時価の
80%以上
焼失・流失した
床面積が
建物の延床面積の
70%以上
大半損 主要構造部(軸組、基礎、屋根、外壁等)の損害額が 家財の
損害額が
地震保険金額の
60%
(時価額の60%
が限度)
半損のイラスト 建物の時価の
40~50%未満
家財の時価の
60~80%未満
焼失・流失した
床面積が
建物の延床面積の
50~70%未満
小半損 主要構造部(軸組、基礎、屋根、外壁等)の損害額が 家財の
損害額が
地震保険金額の
30%
(時価額の30%
が限度)
半損のイラスト 建物の時価の
20~40%未満
家財の時価の
30~60%未満
焼失・流失した
床面積が
建物の延床面積の
20~50%未満
一部損 主要構造部(軸組、基礎、屋根、外壁等)の損害額が 家財の
損害額が
地震保険金額の
5%
(時価額の5%
が限度)
一部損のイラスト 建物の時価の
3~20%未満
家財の時価の
10~30%未満
全損・半損・一部損に至らない建物が
床上浸水
または地盤面から
45cmを超える浸水

地震の発生から72時間以内に発生した複数の地震災害は、一つの地震による損害として
認定されます。

  • 時価額とは、同等の価値のものを新たに建築あるいは購入するのに必要な金額から、使用や経年による消耗分(減価分)を 控除した額です。
  • 損害の状況については、日新火災の専門の調査員がお伺いし、判定します。
  • お支払いする保険金は、1回の地震等による損害保険会社全社の支払保険金総額が6.2兆円を超える場合、算出された支払保険金総額に対する6.2兆円の割合によって削減されることがあります(2013年2月現在)。

住自在
東京海上グループ 日新火災

無料で住自在のお見積もりを作成いたします!
こちらよりお見積りフォームへお進みください。

無料 保険料お見積もり

正直度NO1目標のほけんドック一同お待ちしています!

*「住自在」は、すまいの保険のペットネームです。

  • 記載している保険料および補償内容などは2017年1月1日以降のものです。
  • 詳しくはパンフレット、契約概要、注意喚起情報、ご契約のしおり・約款等をご覧ください。
  • 当社が取扱う保険商品について一定の項目のみを表示したものであって、保険商品間の優劣を意味するものではありません。商品の詳細はパンフレットや契約概要等をご確認ください。また、その他ご注意いただきたい事項は注意喚起情報、ご契約のしおり・約款等をご確認ください。

地震保険で支払われる保険金など

ほけんドックについて

D・O・G株式会社
〒277-0043
千葉県柏市南逆井1-7-20-202
TEL 0120-109-048
FAX 04-7136-1385
日新火災エクセレントエージェント・シンボルマーク
ほけんドックは日新火災海上保険(株)のエクセレント代理店に認定された、プロの保険代理店です。

ほけんドック公式サイトはこちら

  • お客様の声

引受保険会社